弁護士法人菰田総合法律事務所

遺産相続コラム

遺言書は絶対書かないといけない?

遺言書は書かないといけないのでしょうか?

法律的には、遺言書は書いても書かなくても良いものです。

しかし、弁護士の目から見ると、遺言書は必ず書いておくべきものです。
相続に関して争いになるのは、遺言書がなく、故人の意思がはっきり分からないために、相続人同士が争うケースがほとんどです。

また、争いにならないとしても、遺言書がなくては遺産を全て正確に把握することは困難です。
相続人が無用の争いをしないで済むように、相続人が遺産を探す手間を省いてあげるためにも、遺言書は必ず書いておくべきです。

一覧ページに戻る

オフィシャルサイト

24時間WEB予約

相続相談シートダウンロード

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

top