弁護士法人菰田総合法律事務所

遺産相続コラム

遺留分とは?誰に認められるもの?

遺留分とは何ですか?

相続人の生活保障などのため、相続人には一定の取り分が定められています。

これは遺言などがあっても保障されるものですので、まずは状況を弁護士に説明し、遺留分があるかどうか相談してみましょう。

遺留分とは誰に認められるのですか?

相続人の中でも、兄弟姉妹以外の相続人に認められています。

よって、通常であれば、配偶者・親・子どもなどに遺留分が認められます。

まずは、自分に遺留分があるのかどうか、弁護士に相談してみましょう。

遺留分を放棄しますという書面を書かされました。遺留分はなくなるのでしょうか?

相続開始前に遺留分を放棄するためには、家庭裁判所の許可が必要になります。

書面を書いただけであれば、法的には遺留分が残っています。

一覧ページに戻る

オフィシャルサイト

24時間WEB予約

相続相談シートダウンロード

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

top