弁護士法人菰田総合法律事務所

遺産相続コラム

成年後見人っていつ必要?誰がなるの?

成年後見人とはどのような場合に必要なのですか?

成年後見とは、認知症などにより本人の判断能力が著しく低下した場合に必要となります。

そのような状況になった場合、成年後見人がいなくてはできない法律行為というものがありますので、成年後見人が必要な状況かどうか弁護士にご相談ください。

成年後見人には誰がなるのですか?

通常はご家族が就任されることが多いです。

しかし、資産の多い方であれば、弁護士が就任するケースもあります。

一覧ページに戻る

オフィシャルサイト

24時間WEB予約

相続相談シートダウンロード

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

まずは無料相談をご予約下さい 0120-755-687

top