INTERVIEW弁護士インタビュー

「相続のことを誰に相談すればいい?」 そう迷われている方へ“答え”を

  • HOME
  • 弁護士インタビュー

弁護士法人、司法書士法人、税理士法人をグループ内に持つKOMODA LAW OFFICE。各士業との連携により相続手続き・相続登記・相続税申告・争族紛争と、相続に関わるすべての課題がワンストップで解消できるサービスを提供しています。KOMODA LAW OFFICEの代表弁護士・税理士・社会保険労務士を務める菰田泰隆(こもだ やすたか)代表に、相続サポートへの思い、事務所の特徴、そして今後の展望などをインタビューしました。

どんなお悩みでいらっしゃる方が多いですか?

どんなお悩みでいらっしゃる方が多いですか?

− INTERVIEW 01

生前のご相談だと「遺言書を作った方が良いかどうか?」という内容が多く、相続発生後のご相談だと「相続手続きがわからない」とお困りでご連絡いただくケースが多いです。
ただ、そうして当事務所と繋がっていただけた方は良いのですが、世の中には「相続のことを誰に相談したらいいかわからない」という方もたくさんおられます。
相続の相談先として弁護士、司法書士、税理士といった士業以外にも、相続診断士や相続カウンセルといった専門家、また銀行や保険会社、不動産会社といった民間企業がありますが、それぞれ“相続の一部”にしか対応することができません。

遺産分割の紛争では弁護士、相続登記などの手続きでは司法書士、相続税申告は税理士というように、サポートが分断されているのが現状です。

KOMODA LAW OFFICEでは弁護士法人、司法書士法人、税理士法人をグループ内に持ち、各士業との連携により相続手続き・相続登記・相続税申告・争族紛争と、相続に関わるすべての課題がワンストップで解消できる体制を作り上げています。
「相続のことを誰に相談したらいいかわからない」と迷われている方へ、「相続のことなら、私たちへすべてご相談いただけます」と答えが出せる当事務所のような存在が必要だと考えています。

相続がワンストップでサポートできる事務所を立ち上げた経緯は?

相続がワンストップでサポートできる事務所を立ち上げた経緯は?

− INTERVIEW 02

私は弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士などが集まる那珂川市の士業ビルで独立開業したのですが、そこには共用の会議室があり、相続のご相談があると弁護士、司法書士、税理士が一緒に話を聞くような環境でした。
独立当初からそうしたサポートが日常だったので、「クライアント目線で考えると、ワンストップであるべき」と考えるのは自然でした。
司法書士事務所や税理士事務所、社会保険労務士事務所を立ち上げるなど、ワンストップサービスを拡充していく中で、クライアントから「ワンストップは便利」という声を聞く機会が非常に多くなり、「方向性は間違っていなかった」「もっとこのサポートを追求しよう」と思いを強くしました。

代表が考える“相続のワンストップサービス”の魅力は?

代表が考える“相続のワンス
トップサービス”の魅力は?

− INTERVIEW 03

生前のご相談の場合、弁護士だけだと「遺言書を作成するかどうか?」という話だけで終わりがちですが、その方が一定以上の財産をお持ちなら相続税が発生しますので、「相続税の対策はどうしますか?」という話が必要になります。
そして不動産をお持ちなら相続登記も必要になります。
さらに相続税対策として、生命保険への加入も検討しなければいけないかもしれません。弁護士、司法書士、税理士がおり、さらに保険代理店もあるKOMODA LAW OFFICEなら、こうした相続に関わることが何もかもご相談いただけて、1つ1つに対して最適なサポートがご提案できます。

INTERVIEW

士業は相続相談のフロントライナー
相続のことを気軽に相談できる世の中へ

KOMODA LAW OFFICE のサポート体制は?

KOMODA LAW OFFICE
のサポート体制は?

− INTERVIEW 04

グループ内に弁護士法人、司法書士法人、税理士法人の3つの法人を持ち、加えて相続では生命保険を活用する場面が多いので、保険代理店もあります。さらには不動産会社とも連携していますので、不動産を売却したいとなった場合、お見積りから提案まで一括サポートできます。
そして生前対策として遺品整理をご希望になる方もおられるので、そうした方に連携する遺品整理会社をご紹介することもできます。
今後もこうしたアライアンスを増やしていく予定で、相続に関わるものはすべて揃えていきたいと思っています。

“相続ラウンジ”という場所も 開設されていますよね?

“相続ラウンジ”という場所も
開設されていますよね?

− INTERVIEW 05

博多マルイ5Fにあり、どなたでも気軽に専門家へ相続のことが相談できる場所となっています。最初にもお話ししましたが、相続は「どこへ相談したらいいかわからない」とお困りになるケースが多いです。
それを解消するための場所が相続ラウンジです。弁護士、司法書士、税理士は相続の一部しか担当しないので、「誰に相続のことを最初に相談すればいい?」という質問には答えがありません。銀行、保険会社、不動産会社にしてもそれは同じです。「誰に相続のことを相談すればいい?」という質問に答えが出せない世の中なので、その問いに対する1つの答えとして相続ラウンジを作りました。

KOMODA LAW OFFICE の今後の展望は?

KOMODA LAW OFFICE
の今後の展望は?

− INTERVIEW 06

弁護士、司法書士、税理士といった士業にハードルの高さをお感じになる方は多いです。世の中の人が「一番に相続のことを相談する場所」とはなっていません。
ただ、本来は士業が一番相続と向き合える存在であるはずです。銀行、保険会社、不動産会社などの民間企業はどうしても本業があるので、不動産会社だと「不動産の売却に結び付ける形で相談を承る」というようなことになりがちです。
士業にはそうしたことがなく、相続をサポートすることそのものが仕事です。そういう存在は士業を除いて他にありません。

KOMODA LAW OFFICE の今後の展望は?

私は士業が相続相談のフロントラインに立って、もっと多くの方のニーズにお応えするべきだと思っています。
ただ、士業への相談はどうしてもハードルが高いので、それを少しでも下げるために相続ラウンジがあります。
相続ラウンジという相続に気軽に触れられる場所があり、その後ろにはワンストップで相続サポートが行えるグループがある、そんな体制を日本全国に拡げていきたいと思っています。

予約専用
ダイヤル

0120-755-681

Web予約

初回相談無料
遠方対応可能 Zoom等で対応可能です