news新着情報

  • HOME
  • 新着情報>
  • 弁護士による遺産相続コラムを更新しました

弁護士による遺産相続コラムを更新しました

2022.11.24

『前妻との間にお子さんがいらっしゃるものの、後妻に全ての財産を渡したい』
『複数のお子さんがおられる中で、同居して身の回りの世話をしてくれている1人のお子さんに全ての財産を残したい』
など、特定の方に全ての財産を相続させたいというご相談は非常に多いです。

しかし、兄弟姉妹以外の法定相続人には、最低限度の取り分が確保されている遺留分という制度があります。
特定の方に財産を全て渡すという内容の遺言を作成した場合、遺留分対策を何もしなければ、ご自身の死後、財産を残された方が他の相続人から遺留分侵害額請求を受ける可能性もあります。

意向を実現させるためにはどのような対策があるのでしょうか。

今回は「遺留分対策」をテーマに、
実際の相談事例を交えて、弊所所属國丸弁護士が詳しく解説しています。

國丸弁護士

弁護士による遺産相続コラム:「遺留分対策(生前贈与・贈与税・生命保険)
当サイトでは、実際の相談事例や、よくあるご相談をテーマに弁護士による遺産相続コラムを掲載しています。
ぜひご覧ください。

 

相続問題なら菰田総合法律事務所にお任せください

福岡を拠点とした弁護士法人菰田総合法律事務所は、司法書士法人と税理士法人も有した法律事務所です。
相続相談実績は、年間680件以上を誇ります。
相続関連業務の弁護士(代理人)業務だけではなく、相続登記から相続税申告まで全てをワンストップで解決できる士業事務所のため、福岡県内だけでなく、県外からのご相談者様も多数いらっしゃいます。

予約専用
ダイヤル

0120-755-681

Web予約

初回相談無料
遠方対応可能 Zoom等で対応可能です